お知らせの最近のブログ記事

vol.62 川越の赤線

前回告知させていただいた、拙ミニコミ同人誌の新刊限定セット、お陰様で通販分も沢山ご注文頂き、無事受付終了となりました。
限定本の一つ、川越~大宮間を戦前に走っていた西武大宮線の廃線跡巡りは、『これぞ川越』というタイトルで再編集し、タコシェ模索舎のみに置かせてもらっていますので、宜しければそれらも是非どうぞ。

というわけで、西武大宮線探索の際に川越の遊廓跡も覗いてきたので、そのレポートをやってみようかと。

埼玉県は公娼制度を認めていない、いわば廃娼県とされているが、建前は旅館や料理屋として営業するお決まりのパターンで熊谷や大宮などに遊廓は存在していた。乙種飲食店(達磨屋)という名で川越にも、日本三大東照宮の一つである仙波東照宮を有する名刹、喜多院の西側に赤線が存在した。
赤線跡としては余り知名度がないように思われたので、往時の建物は少ないか、規模が小さいのを想定して、見逃さないよう慎重に、喜多院北側の県道を歩く。
img62_01.jpg この表通り沿いの商店も看板建築が多く現存し、その繊細かつ堂々とした佇まいに圧倒される。
img62_02.jpg 側面から見るとトタン張りの木造家屋な丸見えなザ看板建築というべき佇まい。しかも隣の家の名残がハッキリと残る原爆タイプのトマソン(みちくさ学会参照)。
img62_03.jpg またコチラもトタンの青が眩しいが、躯体が教会のような洋風の三角屋根に鳴っているのも珍しい。

そんな家々の間、事前に調べた情報を頼りに路地に入るが、そこには想像を遥かに超えた空間が待ち構えていた。
img62_04.jpg 現れた民家からして、入口辺りの感じがまずもって雰囲気を醸し出している。
img62_05.jpg とその向かいに不自然な空き地があった。空き地の奥にはトタン張りのベランダが印象的な下見板張りが歳月を物語る木造家屋。
img62_06.jpg これは・・・とピンと来るものがあり家の裏路地に入ると、黒板塀の人一人通るのがやっとな狭小通路が。
img62_07.jpg これはビンゴか!?と思い、異様な静寂に包まれる路地を慎重に歩を進める。
img62_08.jpg すると唐圓(圓唐?)と書かれた看板。
img62_09.jpg さらにその奥には、今回探し求めていた旅館市むらのウラ入口が。
img62_10.jpg なにやら只ならぬ空気が一帯に漂っていて、気軽に家を拝見している場合じゃなく思えてくる。
img62_11.jpg 静かに、そして足早に路地を抜け、旅館の表に廻る。

住宅街にポツンと佇む転業旅館。
P1100546.jpg 表からでも独特の気を読み取ることが出来る。
img62_13.jpg

この先、天ぷら屋や食事処として営業する物件もあり、これは改めて食事をいただきつつ内部も鑑賞するとしよう。
img62_14.jpg (天ぷら屋の正面)
img62_15.jpg (食事処の2F部分)

こうして遊郭跡エリアを一回りしてみたが、90年代に多くは取り壊されたという割になかなかの現存率と、どれも堂々とした佇まいでとにかく素晴しいかった。さらには、その建物の間の路地空間が往時を思わせる、まさしく露地といった湿っぽさを残しており、小江戸の観光地としての顔以外に、やはり歴史的位相という町としての奥行きを感じずに入られないのだった。
img62_16.jpg 遊郭跡以外にも、菓子屋横丁の程近くの町裏にも重厚な建造物が数々残っていたので、こちらもいずれ取り上げたいと思う。
【了】

   

当ブログでの告知が遅れましたが、無事に路地裏徘徊B食巡りミニコミ雑誌の新刊が昨年末に発行と相成りました。
c81デウスエクスマキな食堂11年冬号『団地団地レボリューション! 商店喰い2-ARCADER-』全120頁 1050円
阿佐ヶ谷・足立上沼田・金町と、全蓋式(アーケード)商店街と団地を巡り、、昭和30年代、戦後高度経済成長期の夢の詰まった計画、その現実と幻影に出会って来ました。そこで地元に密着した洋食屋のチキンカツ・喫茶店のナポリタン・肉屋の焼き鳥・大衆酒場の煮込み・中華屋で半チャンラーメンと身に入れた記録です。
これから1月の中旬~末にかけまして【委託先】へ納品して回ります。当ブログに興味を覚える方にはきっと気に入って頂ける内容だと思いますので、是非手にとって見て下さい。

で、今回はその本に載せきれなかった路地裏の物件を少し蔵出ししてみたい。
阿佐ヶ谷駅から南へ、善福寺川緑地公園の辺りまでずっと、古くからの閑静な住宅街が続くのだが、五日市街道へ出ると沿道に錆びたトタンで覆われていたり、通りに面した部分だけモルタルで意匠を凝らした看板建築の類がポツポツと現れてくる。ここまでのお屋敷や、やや重厚な住宅建築の風景とは一線を画す、庶民建築が顔を出す。やはり街道には商店など、庶民の生活が根付くのだろうか。

街道から脇道にそれて少し歩いたところに最新型の小綺麗な銭湯があるのだが、それは手前のB食ブログで既に取り上げているので参照いただくとして【ゆ家和ごころ吉の湯】、そこだけ空が抜けて鉄塔が伸びる、郊外的な風景が広がっていた。
42_01.jpg その向かいに、エンヂの塗装と板張りが風雪で禿げ上がった壮絶な風体の一軒家が物凄いインパクトで目の前に立ちはだかった。
42_02.jpg

42_03.jpg 空き家だろうか、荷物や家電で玄関が封鎖されているようだが、生活の匂いはしない。
42_04.jpg

42_05.jpg 庭にはビールケースや発泡スチロール、瓶などがまとまって放置されている。
42_06.jpg

五日市街道へ戻り、目当ての焼き鳥屋へ向かう。
42_07.jpg いわゆる町の肉屋ながら、稀少部位など種類豊富な焼き鳥で知られている。それを片手に緑地公園で一杯やろうという魂胆なのだが、この焼き鳥屋と並ぶ隣のコメ屋と合わせて、モルタル看板建築・銅葺きという2種の趣を異にする木造家屋が同時に鑑賞できる。
42_08.jpg

42_09.jpg 肉屋の方はやや近代的なフォルムで縁のラインの美しいインパクトがあるが、コメ屋の方が年代を感じさせる重厚感がある。
42_10.jpg 保存状態もよく銅が斑にならず深緑色に綺麗に葺いている。
42_11.jpg 焼き鳥の感想は本誌に譲るが、緑地の片隅で焼き鳥を頬張るのもいいもの。
42_12.jpg

そのまま緑地に沿って、以前少し触れた荻窪団地へと向かうのだった。
【了】

   

右サイドメニューでも告知を更新させてもらったのだが、拙著、B級グルメ町歩きミニコミ誌の新刊が夏に続き年末も発行(初売は12/31のコミケ「ガキ帝国」)。
引き続き商店街押しで、今回はアーケード商店街と団地の特集。中華屋や喫茶店、そして今回は1年ぶりに酒場も巡りながら、足立上沼田・阿佐ヶ谷・金町と、経済成長期の幻影の成れの果てを追う、といった内容。

で、誌上でも取り上げる上沼田団地については過去、vol.38で触れたが、あれからすぐ解体工事が始まったようで、約1ヶ月ぶりに訪れてみると、だいぶ取り壊しが進んでいた。
41_01.jpg

41_02.jpg

41_03.jpg 危うくこの団地群の初期タイプをカメラに収められなかったところだった。
UPしていない写真や、他の号棟、周辺の団地群、及び1Fテナントの現状や周辺の飯屋も新刊には掲載するので、期待くだされ。

   

右メニューにも紹介させてもらってますが、拙著B食町歩きミニコミ誌の新刊を8月に発行します。初売はコミックマーケット80の3日目(8/14)です。
スペースは、
東"R"-11b 「ガキ帝国」
となります。そちらにご興味のある方、ぜひお立ち寄りください。
各委託先へは8月下旬納品予定です。 >サークルページへリンク

その新刊の特集は「商店喰い-SHOW TEN GUY-」と題しまして、台東区・板橋区メインに、佐竹・鳥越・仲宿・蕨といった商店街とその路地裏をめぐる予定です。
今回は商店の連なり・繋がりを軸に据えていますが、そこから、これまで取り上げてきた戦前~戦後庶民建築はもちろん、戦争遺跡へも迫ります。そして超久々となる、昭和駄菓子屋ゲーセンもピックアップしています。
既に取材は大詰めを迎えているのですが、写真は板橋にある仲宿商店街の路地裏に眠る旧日本軍の遺構の一部。
itabashi_sample.jpg
ちょっと早出しですが、今回もこんな感じで進めてますので、好きな方は期待してくれると嬉しいです。

   

拙ミニコミ誌の委託でお世話になっている、少部数出版物取扱専門店、模索舎より、「一人で町歩きのミニコミ誌を発行すること」について、喋ってくれと依頼がりまして、トークイベントに参加させて頂くこととなりました。

メインイベントは、集英社より刊行されました、開高健ノンフィクション賞次点作品『ミドリさんとカラクリ屋敷』の著者、鈴木遥女史のトークなのですが、鈴木女史は地域ミニコミ誌も手掛けていることから、第2部(19:30)より、手前を交えてのトークセッションと相成りました。

ミドリさんとカラクリ屋敷第八回 開高健ノンフィクション賞次点作品 『ミドリさんとカラクリ屋敷』(集英社)刊行記念イベント
蜜月なお話し:模索舎ブログ詳細ページ
制作エピソードからまち歩き、おいしいもの、カフェ、一箱古本市、ミニコミ制作などなど...
『ミドリさんとカラクリ屋敷』著者にして雑誌『蜜月』【蜜月HP】編集者でもある鈴木遥さんとゲストの方々のトーク。
日時:5月28日 18:00~21:00
※事前に予約された方には座席をご用意します。
※ご予約無しでもご入場できますが、立ち見になる場合がございます。できるだけ事前にご予約をお願いいたします。
満足に話せるようなことなどないのですが、これまでの経験から、町と小規模飲食店を文章で扱うことについて...あまり自分出過ぎないように、かといって地蔵にならないように...喋りたいと思います。 僭越ながら、もし興味ある方がいらっしゃいましたら、足を運んでみてください。
   
...トップページへ
NEWS!!!
当ブログ書籍誕生!
『路地裏ら~めん漫湯記』
…前身となる連載『ら~めん路漫避行』の東京23区内記事の加筆訂正+書き下ろし記事で構成された、東京裏町ラーメン銭湯攻略本!

Author


    刈部山本-karibe yamamoto-
    自営の珈琲店でスペシャルティ珈琲のドリップやケーキの仕込みに追われる傍ら、路地裏や廃スポットを徘徊してはB級グルメを貪る日々。B食+路上観察を纏めたミニコミ(同人)誌を年2回定期刊行。

    ら~めん路漫避行
    …旧サイト連載:ラーメンを巡る路上観察紀行

    デウスエクスマキな食卓

    …B級グルメブログ

    結構人ミルクホール

    谷根千路地裏の厳選珈琲店


刈部山本の本

    最新:ふろ式・酒場の叙景
    風呂入って一杯ヤれる攻略本

    夏新刊 『背脂番付』
    …ドキッ、アブラまみれの背脂ラーメンガイド!
    Amazonでも取扱中!
    (+105円だけど送料無料)
    弊ブログ・ヤフオク・委託先書店にて取扱中:委託先在庫状況はコチラまで
Powered by Movable Type 5.03
powered by.

  ...トップページへ移動

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちお知らせカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはキッチュ/モンドです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。