水路・河川・水辺の最近のブログ記事

(前回の続き)
vol.53 多摩湖自転車道を行く・その1
vol.54 多摩湖の取水塔・その2
vol.55 多摩湖もう一つの取水塔・その3
vol.56 多摩湖おとぎ列車終着駅跡・その4

57_map.jpg この先はもう狭山湖こと山口貯水池だ。
ここは狭山自然公園となっていて、広場脇には城跡のような石積みの物体が見え、なんだか妙にだだっ広く感じる。多摩湖に比べ自転車道が繋がっていないなどといった立地的な不利もあってか閑散としている。
湖側に目を転じると、ベンチと日除けが設けられた箇所になにやら柱のようなモニュメントが見える。
57_01.jpg 案内板によると、第二次大戦中に爆撃から堤体を守るためにコンクリートでブロックした対弾層というものを設けたようだ。
平成に入り改装工事をした際、不要となった対弾層を破壊したところ、中から昭和8年完成当時の堤体の高欄(手すり)と親柱が現れたという。この親柱は照明と避雷針の役目をしていたようで、ここに保存されている姿は当時と殆ど変わらないという。
それでも金属製の頭頂部の飾りや灯具は損傷が激しくリニューアルされており、戦時中に塗られたコールタールは剥がされているそうだ。
実はこの親柱の脇に石碑もあったのだが、堤体の耐震強化工事の完了を記念して平成14年に石原慎太郎の書を彫ったものというから、ここでは取り上げない(笑)

さて肝心の山口貯水池第一取水塔だが、水道局の施設のバカフェンスに阻まれ、近くで見れない。
57_02.jpg 外径約9m高さ約40m昭和9年に完成とある。村山下貯水池の第一取水塔の凡そ10年後の完成となるが、頭頂部がなんだか遊園地に合わせたかのようにメルヘンチックで恐らく後から作り変えたものだと思われる。
57_03.jpg そこがチト萎えるが、入口周りの意匠や塔自体の煉瓦の質感は多摩湖と並び一連の取水塔の形式を踏襲しており壮観である。間近で見られないのがつくづく悔やまれる。
57_04.jpg (一旦終り:期を改めて多摩湖周辺の別スポットを連載します)

   

(前回の続き)
vol.53 多摩湖自転車道を行く・その1
vol.54 多摩湖の取水塔・その2
55_map.jpg 桜吹雪越しの赤い鉄橋、鹿島橋下の谷間を抜ける。
この先堤体(上貯水池と下貯水池を分ける上堰堤で通称中堤と呼ばれる)に差し掛かると左手に貯水池管理事務所が見える。
ここから中堤が始まるのだが、親柱のデザインもなかなか迫力のあるものになっている。
55_01.jpg ここは多摩湖を南北に縦断する唯一の道路で車の交通量が異常に多い。その割りに道幅が狭く、そのためか柱に信号がつけられている。
徒歩で渡る幅はなく(いやこれマジ死んじゃう!)、堤の下の広場を行くことになる。

中堤上からは上貯水池が見られないので、貯水池管理事務所越しに眺めると・・・おおっ、なんとかかんとかだが、上池取水塔が確認できた。
55_02.jpg 塔自体は大正12年の完成ながら上の操作室は平成3年に改築されている。
55_03.jpg だから下部は欄干と同様にいい感じに歴史を重ねた風合いを漂わせている。
55_04.jpg 横の丸い取水塔は内側が花崗岩でできているそうで、外側はレンガ覆われてている。

下貯水池側の広場に降りるとしよう。
階段脇になにやら城跡に見られるような四角く囲われた石造りの物体が目を引く。
55_05.jpg これは中堤のたわみを測るためにつくられた基準点で、中堤の両岸に4ヶ所づつあるという。
55_06.jpg 現在の工事で他は窺い知ることが出来なかったが、この南4番基準点には基準点となる印がハッキリとみることができた。

中堤の北端に来ると、中島鋭治博士というオッサンの頌徳碑がデンと立っているのが見える。
(写真がどうしても見つからなかったので、リンク先を参照して下され【前掲サイト:多摩湖のページ|多摩湖の歴史1-5 真ん中辺り】スンマセン^^;)
このオッサンこそが、山口・村山貯水池をつくるための調査設計した人なのだ。明治42年に招聘され、最初は大久野貯水池案(現日の出町)という第1計画があったが頓挫し、第2計画である村山貯水池案が通過、大正元年に工事顧問として具体的に着手することになった。
ここでとられた方法は、近くの丘や高台を切り崩し、その土で堤を作るやり方で「アースフィル式ダム」と呼ばれるそうだ。
当時は当然すべて人力で工事が行われたが、資材運搬には軽便鉄道が用いられた。村山貯水池の上流にあたる多摩川の羽村取水堰からの導水路を掘るためにトロッコ軌道が敷設された。導水道の完成に伴い軌道は撤去されたが、軌道跡は現在も残っているらしい!?
そりゃ当然ソソられるわけで、この築堤北端から狭山湖にかけての間にトロッコ軌道の終着駅があったという。いざ参らん!

・・・とその前に。
廃駅へと向かおうとする前に小高い丘が立ちはだかった。
なにやら古寺の門のようなものが出迎えてくれたが、慶性院山門といって村山上貯水池の工事により芋窪にあった寺である慶性院の山門が移転されたものだという。
門をくぐって丘を登ると、上野大仏をコメディタッチにしたような顔だけの石仏が現れた。
55_07.jpg なんとも間抜けな顔ながら、イキナリ現れるとビビる。
ここはだいだら法師の丘と呼ばれているようで、ならばコヤツはだいだら法師なのだろうが、調べてみると昔話のだいだらぼっちのことらしい。だいだらぼっちとは日本の各地見られる巨人伝説で、地方によってその起源は諸説紛々しているようだ。この巨人が一発で村山貯水池つくってくれたら楽だったろうに。でもこの顔のサイズからするとあまりデカくないね(笑)。

(続く)

   

多摩湖といえば、
♪東村山ぁ~庭先ゃ多摩湖ぉ~

の志村けん「東村山音頭」で有名だが、正式名称は村山貯水池。多摩川の水を東京都心へと引くための中継点、つまり貯水池として戦前の昭和初期、1916~27年の間に作られたのだが、現在首都圏の水の殆どは荒川と利根川の水を利用しているため、防災用というかサブ的なポジションに甘んじている。
多摩湖の詳細や魅力は専門の素晴らしいサイトがあるのでそちらに譲るとして【多摩湖のページ】、当ブログ的には多摩湖周辺の近代化遺産を筆頭とするステキ建造物の数々を巡って行きたい。なにせ歴史がありつつも半ば置き去りにされた感も漂うスポット、つぶさにみていけば幾らでも周辺文化に見どころが落ちていよう。
というわけで、2007年と古くなってしまったが、多摩湖を巡った記録を残しておこう。

巡るといっても1周約22km、とてもじゃないが徒歩での走破は厳しいということで、レンタサイクルという手を使うことに【こだいらネット|和田輪業】(当時100円/1hだったか…要確認)。
53_01.jpg 小平駅前の自転車屋さんで時間貸しをしてくれる。幸い、小平から多摩湖までは多摩湖自転車道がほぼ一直線に続いている。全長約10kmとちょっと距離があるが運動と思って割り切るしかない。
53_02.jpg 実際に走ってみると、武蔵野の草木香るサイクリングロードは実に気持ちよく、あっという間に多摩湖の最寄り駅となる西武多摩湖線の武蔵大和駅まで来た。
この手前に、今で言えばご当地B級グルメとなるだろうか、武蔵野うどんの老舗「きくや」があるので、少し腹ごしらえ【きくやの詳細訪問記はコチラ】

さあここから村山下貯水池へと突入。
53_map.jpg 武蔵大和駅交差点から自転車道を多摩湖へと登ったすぐ右手に広場がある。
自転車道の下を流れる水道道路の導水路や余水吐(よすいばき)など貯水池の施設を記念した公園で一端に水門跡の1/2スケールの復元模型が口をあんぐりと開けて佇んでいる。
53_03.jpg 芝生の上に余りにおもむろにあるので、正直ビビる。
53_04.jpg これと、水門があった跡が残っているのだが、これが鉄道のターンテーブル(方向転換するための転車台)のような形で、嘗てここに東京市軽便鉄道が走っていたので産物と思いたい(ちなみにこの廃線跡の遺構は殆ど残っていない)。
緩やかにクネる上り坂を登ると、桜の時期になると花見客もチラホラ出てくるスポット。
53_05.jpg あと1ヶ月ほどで桜吹雪が舞うようになるが、訪問時は丁度そんな季節。
53_06.jpg 桜を眺めつつ気持ちよく坂を上りきったところで道を離れ南へ下りてみると、急斜面を下った先に露出した水路を発見した。
53_07.jpg 水流は殆どなく、川底に彫られた幅50cmほどの一筋のみを残しているが、この界隈にはこうした貯水池から流れ出る水路の他、水路の跡かはたまた軽便鉄道の廃線跡かという線形を思わせる箇所が幾つも確認できた。
53_11.jpg どれもが忘れ去られたように雑草で茂り、宅地開発された姿とは違った郊外の風景を見せてくれる。
53_1.jpg 再び自転車道に戻ると、右手に見晴台の案内板が見える。
53_08.jpg 以前は狭山自然公園と村山下貯水池の間の堤体に入れたのだが、今この補強工事を行っているため、辺りはフェンスで覆われ、ノンビリ散策できる雰囲気にない。
自転車を止め見晴台へ上ると、以前堤体から望めた、あの取水塔がそのままの姿で現れた。
53_09.jpg 【続く】

   

大変お待たせしてしまったが、8月に発行した拙ミニコミ誌、重版がやっと出来上がった。
de12natu表紙デウスエクスマキな食堂12年夏特別号
『岸辺のアブラミ 上下巻+別冊』

詳しくは↓
『岸辺のアブラミ 上下巻+別冊』へclick!

東京の郊外散策と銘打って、川べりを中心に巡っているので、掲載しきれなかった延長線を今回から前後編で綴ってみたい。



これまで本連載で埼玉県川口市を何度か歩いてきたが、この埼玉県南部分には水路がことのほか多く、気づくと水路に出くわしたり、沿って歩いていることが実によくある。

現在のさいたま市見沼区、JR武蔵野線の東浦和駅近くは嘗て、台地に挟まれた沼地や荒地だった。今から380年ほど前、そこに八丁堤を築堤し、水を貯めて田んぼ等の生活用水とした。この見沼のため池の水は、行田市の利根大堰の辺りから利根川の水を引っ張ってきて、全長60kmほどの用水路、見沼代用水が出来上がった【cf.Wikipedia:見沼代用水】
江戸時代、江戸に人口が増え、水運の観点からも水路が必要となった。そこで、東京北部に接する、埼玉との境になる荒川へと、見沼の辺りから芝川や神領堀など色んな水路が引っ張られるようになる。なので、川口の辺りはやたら水路が走るようになった、ということらしい。
江戸初期に見沼をため池に改修した他、こうした河川改修や新田開発をアチコチでやり、荒川を熊谷からグイと曲げたことでも知られるのが、伊奈忠次というオッサン。埼玉県民なら伊奈町という町名を耳にしたことがあると思うが、伊奈氏の名に由来し、そこには嘗て伊奈氏の屋敷があった【伊奈町HP:伊奈町の歴史】
そこからこの川口にお引越ししてきて、赤山城を築城した。

というわけで、川口を水路づたいに巡ったら、赤山城に巡りあったなんて、歴史の点が線で結ばれたみたいでロマンチックでしょ。なんか運命的なものを感じてしまって、こうなったら赤山城跡に行くしかなるまい!

前世紀まで鉄道の通っていなかった、最近川口市と合併した鳩ヶ谷市。そこを縦断する2001年に開業した埼玉高速鉄道線に乗って、旧鳩ヶ谷市の北端、新井宿駅で下車する。

より大きな地図で 昭和迷宮物件vol.48MAP を表示
嘗ては旧岩槻街道の宿場町として栄えたが、今は東北自動車道の玄関口として、首都高川口線と外環道の交差する川口JCTが覆いかぶさる、車の通りすぎる町と化している。隣接する安行は植木の町として知られ、新井宿も花卉農家が道道に見受けられる。
綺麗に刈られた木々を横目にトボトボ歩いていると、首都高下に出る。高速脇に河川敷に見られるような空地を転用したと思しき野球場が目に飛び込んできた。
48_01.jpg 一見ただの野球場だがナニカオカシイ。
球場の土地、凹んだ平地に作られているのだ。つまり、河川敷のように、川があって土手があって、その間の土地が野球場に宛てられている。高速側が土手で、斜面を下ってグランドがある。その斜面は簡易スタンドのように段差が設けられている。
48_02.jpg 自分が駅から歩いてきた道も、緩やかな上りになっていて、高速高架下で直角に交わっている。この歩いてきた道と高架下の道が土手であり、川などの水路があったのではないだろうか。
既に暗渠化して川筋は見えなくなっているのか。ともかくグランドに下りてみようと、その時、野球場利用者の駐輪スペースに、黒くてぶっとい水道管が行く手に立ちはだかった。
48_03.jpg

48_04.jpg 何やら汲み上げる装置のようなものもあり、この底部に水が流れているに違いない。
48_05.jpg

48_06.jpg 野球場なので一部にフェンスが張られているのだが、フェンスの向こうは藪のようで木々が生い茂っている。気になって金網越しに目を凝らすと、ビンゴ、水路だ。
48_07.jpg 場所からして、もしや赤山城の堀跡ではないかとも思ったが、城址まではまだ距離がある。単なる灌漑用水路か。
これがなんなのか、なにかヒントになる痕跡がまだあるかもしれない。フェンスにそって歩みを進める。注意深く目を凝らしていると、え、石垣!?
48_08.jpg 用水に関する何かが埋まっているようなコンクリの頭が出た部分の奥、真新しい白さで流石に往時の城壁ではないだろうが、大谷石だろうか。

近づけないので悶々としたものを抱えたまま、先を急ぐことにする。
48_09.jpg 高架下とぶつかる地点で信号待ちをしていたら、観光地にあるような市が設置したと思しき案内板を発見した。
読んでみるとこれまた大ビンゴ! 赤山城の外堀だったのだ。
48_10.jpg

48_11.jpg 石垣はさすがに後世に整備されたものだろうが、これにはチョット身震いするものがあった。
こんな幸先いいこと初めてかも。というわけで、これから赤山城へイザ参らん!
(続く…)

   
...トップページへ
NEWS!!!
当ブログ書籍誕生!
『路地裏ら~めん漫湯記』
…前身となる連載『ら~めん路漫避行』の東京23区内記事の加筆訂正+書き下ろし記事で構成された、東京裏町ラーメン銭湯攻略本!

Author


    刈部山本-karibe yamamoto-
    自営の珈琲店でスペシャルティ珈琲のドリップやケーキの仕込みに追われる傍ら、路地裏や廃スポットを徘徊してはB級グルメを貪る日々。B食+路上観察を纏めたミニコミ(同人)誌を年2回定期刊行。

    ら~めん路漫避行
    …旧サイト連載:ラーメンを巡る路上観察紀行

    デウスエクスマキな食卓

    …B級グルメブログ

    結構人ミルクホール

    谷根千路地裏の厳選珈琲店


刈部山本の本

    最新:ふろ式・酒場の叙景
    風呂入って一杯ヤれる攻略本

    夏新刊 『背脂番付』
    …ドキッ、アブラまみれの背脂ラーメンガイド!
    Amazonでも取扱中!
    (+105円だけど送料無料)
    弊ブログ・ヤフオク・委託先書店にて取扱中:委託先在庫状況はコチラまで
Powered by Movable Type 5.03
powered by.

  ...トップページへ移動

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち水路・河川・水辺カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは橋梁です。

次のカテゴリは町工場です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。