団地・アパートの最近のブログ記事

ご存じ方も多いと思うが、同潤会アパート【地図】最後の1棟となった上野下アパートが今年5月遂に解体の時を迎えた。
img60_01.jpg 5/10、様子を見に窺ってみると、既に規制線が張られ、業者が入って大きな荷物を運んでいた。住民の退去はとうに完了していたようだ。
img60_02.jpg 塀越しに様子を眺めるしかなかったが、窓の開いた部屋があったのでカメラの望遠で覗いてみる。
img60_03.jpg 梁の形状が幾何学的で魅力的に映るが、梁と壁の間にパックリ隙間が開いており、老朽化の深刻さがかいま見られた。
img60_04.jpg また、半身を乗り越えて庭をみてみる。
img60_05.jpg 青々と木々が茂る中、自分にとっては上野下アパートの象徴である井戸のポンプがまだ取り残されていた。
と、今回はここまでしか眺めることが出来なかったが、最期の勇姿を目に焼き付け、サヨナラが出来ただけでも良かったと思っている。

ここからは09年に撮影したアパートの様子を紹介したい。
img60_06.jpg 同潤会については詳しいサイトが沢山あるので各自調べていただきたいが、ザックリ説明しておくと、同潤会は関東大震災による復興計画として立ち上げられた財団法人で、防災の観点から日本で最初の鉄筋コンクリートアパートとして計画された。
近代化の象徴としてのモデル事業としてみられる傾向があったようで、大学教授や官僚・作家といった富裕層が多く住んだらしい。
上野下アパートは昭和4年完成。同潤会は昭和16年に解散しアパート建設は昭和9年で打ち止めとなっているから、中後期の建設となる。
24年前に初めて上野下を見たときは、他の同潤会アパートに比べ、頑丈な現役といった姿を留めていた。当時近くの鶯谷アパートも健在で、清砂通りはまだ堅牢な面持ちだったが、古石場などはかなり危うい風貌をしていた。
しかし4年前、久々に訪れた上野下はだいぶ老朽化しており、初訪問から20年という歳月を痛感させられた。
img60_07.jpg 下から見上げるとまだまだ圧倒的な存在感は健在と思わせる迫力がある。
img60_09.jpg 側面にはダストシュートらしきスリット状のものが窺える。
img60_10.jpg 下をみると案の定で、使われなくなって大分経つ様子。
img60_11.jpg 建物正面に向かって右側の棟の黒ずみ具合の圧迫感が相当なもの。
img60_12.jpg 手前に写っている庇部分が東側の入口部分。
img60_13.jpg 中の廊下の様子。
img60_14.jpg 階段の踊場。手摺のRの形状が外から差す日差しに浮かび上がる。
img60_15.jpg 階段を上り切ったところにある洗い場。
タンクから蛇口が出ていて、ここでちょっとした洗濯などをしたようだ。
img60_16.jpg 屋上は以前、万国旗はためくが如くに洗濯物が干されていたが、今は錆付いた物干し台が、虚しく青空に一線を引くのみだった。
この屋上の床はコンクリが大分ユルくなっており、一部ペコペコとたわむほどだ。
img60_17.jpg 隅には簡単な流しが設えてある。
嘗ては人が活き活きと当たり前の日常を過ごす場としての雰囲気が漂っていたが、確かに住人の姿はまま見受けられたものの、なにか廃墟度が増している気がした。

上野下アパートを後にすると、向かいには以前長屋が軒を連ねていた。この長屋の一つに嘗て林家彦六が住んでいた。
img60_18.jpg 彦六といえば八代目林家正蔵である。本来は昭和の爆笑王こと林家三平が八代目正蔵を襲名するはずだったが、彦六(当時は5代目蝶花楼馬楽)が一代限りの条件で海老名家から正蔵の名跡を借りたため、根岸の林家からここ上野下の長屋に正蔵の名が移った。
しかし三平が急逝してしまったため、馬楽は正蔵の名跡を根岸に戻し林家彦六となったが、終ぞ三平は正蔵を名乗ることはなかった。
三平の妻、海老名香葉子はこのことが相当ショックだったようで、悔恨の念からこぶ平の正蔵襲名が早まったという話は広く知られるところとなった。

嘗てアパートの住民が多数訪れただろう、真裏にある銭湯・寿湯も健在だったが【拙ブログ寿湯レポート参照】、その長屋のうち一棟だけ、アパート解体の日を迎えた今でもかろうじて残っている。住民の方がアパートを見つめておられたが、この長屋も出来る限り往時の姿を留めていてほしい。
アパート跡に新しい建物が出来た時、その新旧の対比が拝めることを願って。
【了】

   

右サイドメニューでも告知を更新させてもらったのだが、拙著、B級グルメ町歩きミニコミ誌の新刊が夏に続き年末も発行(初売は12/31のコミケ「ガキ帝国」)。
引き続き商店街押しで、今回はアーケード商店街と団地の特集。中華屋や喫茶店、そして今回は1年ぶりに酒場も巡りながら、足立上沼田・阿佐ヶ谷・金町と、経済成長期の幻影の成れの果てを追う、といった内容。

で、誌上でも取り上げる上沼田団地については過去、vol.38で触れたが、あれからすぐ解体工事が始まったようで、約1ヶ月ぶりに訪れてみると、だいぶ取り壊しが進んでいた。
41_01.jpg

41_02.jpg

41_03.jpg 危うくこの団地群の初期タイプをカメラに収められなかったところだった。
UPしていない写真や、他の号棟、周辺の団地群、及び1Fテナントの現状や周辺の飯屋も新刊には掲載するので、期待くだされ。

   
暫く更新に間が開いてしまい、御礼が遅れた。コミケお越しくださった方、ありがとうございました。新刊『戦跡商店喰い』の特典、第一弾を公開中。よかったら見てやってくだされ。

(本誌内編集後記にあるパスワードを入力すると特典ページが開きます)

で、夏コミ明けてスグ冬コミの申込をしなければならず、いつもサークルカットをどうするか悩むのだが、取り敢えず、今回の続編、商店喰い2-ARCADER-として、天蓋式(アーケード)商店街を集中して特集することにした。まぁ今回の取材で続々取り上げたい商店街が出てきたので、ネタはストックできているのだが、どういう切り口でアーケードをまとめようかと、ただ天蓋式を食べ歩くだけじゃ物足りないなぁと思っていた矢先、上沼田団地の取り壊し風景に出くわしてしまった。
38_05.jpg いや、厳密に言えば、取り壊し直前の状態を目撃したのだった。これにより、団地1Fによくあるアーケード商店街と天蓋式商店街を結んで冬新刊は特集が組める!と思い至った。高度経済成長期の栄華と現状を巡るにはピッタリではないだろうか。

上沼田団地は足立区西部に位置する1960年代の団地ラッシュ草創期に建てられた巨大団地群。昭和30年代築の多くの団地がそうであるように、老朽化から建て替えを余儀なくされて久しい。
半年以上前から取り壊しの準備が始まっていたようで、そばを通るたび気になっていたのだが、つい先日、所要で足立区コミュニティバス「はるかぜ第6弾」の車窓から眺めた際、いよいよもってカウントダウンは近いと見て取れ、先頃急行してみた。
38_01.jpg 1~7号棟が今回取り壊しの対象のようで、低層階にはネットがかけられ、階段室入口部分にはベニヤが打ち付けられ、施錠もされていた。
38_02.jpg 38_03.jpg 立ち退きはとうに済んでいるようで、遠目に見える室内は暗く、もぬけの殻の様子。自転車置き場も一部置いていかれた粗大ゴミが野放しになっている他は何もなく、雑草が伸び放題、無造作に生い茂っていた。
38_04.jpg 上沼田団地の特徴は、後付された浴室と思われる配管がベランダ側に伸びている点だろう。
38_06.jpg スチール色の鈍く輝く銀が垂直に鉄格子のように幾筋も伸びる様は、特に夜通りかかると迫り来る感覚を覚える。そこにきて外壁そのものが年代を帯び、ヒビ割れ黒ずんでいるから尚のこと迫力を増している。
それが何棟も続く圧倒的な光景に見せられ、機会があれば夜な夜な、中央を南北に貫く主要道路を通るようにしている。

同年代の東側に連なる第2アパート群は今のところ健在で、しばらくはその勇姿を拝むことはできるが、工事区域内におられた警備員に少しお話を伺ったところ、この日の3日後には取り壊しが始まるとのことで(つまり1~7号棟は既に取り壊しが始まっている)、間一髪、当団地群最古参の姿をこの目に焼き付けることができた。
38_07.jpg 以前、拙著06年冬号『足立JCT』でサラっと取り上げて以来、幾度となく通りすぎてはじっくり眺めることのなかった上沼田団地。室内に入ることは許されなかったが、この度晴れてできる限り細部にまで窺い知ることが出来た。以上、簡単に写真をピックアップしてみたが、詳しくは拙著今冬新刊を待たれたい。

   

王子本町アパート その2

全て【東京都北区王子本町】2010.12月同日撮影
入口@王子本町.jpg
【前回】に引き続き、王子本町アパート。

というのも、右サイドバーに告知の、会場のみで発行した手作り中綴じ限定本を、今1月のみ再版した、新刊『立喰いの挽歌』との限定セット【詳細】【ヤフオク】。その限定本のひとつ、『街道をくう01-旧岩槻街道王子~赤羽篇-』【詳細】を、委託先書店であるタコシェ(納品済)と東京堂書店ふくろう店(1/22以降)のみちょっとした事情で扱いがあるので、告知を兼ねて、未掲載フォトをば。

給水塔と対比@王子本町.jpg

前回UPした給水塔。こっちの方が団地との位置関係が分かりやすいか。

2号棟@王子本町.jpg

給水塔向いの2号棟にちょっと寄ったところ。

煽り@王子本町.jpg

この日は晴れて青空だったので、煽るとやっぱり団地が映えるわ~

14号棟@王子本町.jpg
上の城壁状の団地の裏手は、比較的規模の小さいのがポツポツと建っている。電線の入り組み具合もまた、昭和の団地との相性がいい、見事な景観となる。電線をどう入れ込むか、この写真はそんな上手くいってないけど、団地撮影、また撮影しなくとも、鑑賞の際は構図どりが楽しい。

この周辺にある母子アパートなどもそのうちまとめてUPした。
次回は久々に(このブログになってからは初か)、数回の連載形式でレポートを書こうと思う。

   

王子本町アパート

そうそう、遅くなりましたが、昨年末はコミケありがとうございました。沢山の方に新刊『立喰いの挽歌』を手に取って頂けて、光栄でした。
右サイドバーに告知させていただきましたが、会場のみで発行した手作り中綴じ限定本を、今1月のみ再版します。『立喰いの挽歌』込みの限定セットにして受注受け付けてますので、宜しければどうぞ【詳細ページ】。ヤフオクからも注文できます【ヤフオク】

その限定本のひとつ、『街道をくう01-旧岩槻街道王子~赤羽篇-』【詳細】の取材で、昨年末に行ったのが、王子本町アパート。

王子本町アパート給水塔遠景.jpg
【東京都北区王子本町】2010.12月撮影
都営王子・王子本町・王子本町母子・中十条第1、という4つの団地で形成された一大団地群だが、それぞれの敷地面積自体はそう広くなく、王子本町アパートは71年完成と昭和40年代の団地ながら、その他は昭和30年代築の典型的にシンプルなシルエットの公団住宅が並んでいる。
伺った際、王子本町団地の一部が建て替えで取り壊しの最中だった。
撮影した給水塔脇に連なる棟は昭和40年代の団地部分だろう、まだ新しく映る。たが、この電線と給水塔と団地のコントラスが違った形となるのはそう遠い話でもなさそうだ。

   

荻窪団地

前回のエントリーに続いて北斗つながりということで...
さまぁ~ずがTV番組で「北斗の拳みたいだ!」と評した荻窪団地。
荻窪団地.jpg
【東京都杉並区荻窪3丁目】2009.1月撮影

   

20号棟 その4

最後は前回の階段があるエレベーター室。
エレベーター室@赤羽台.jpg
これは相当でしょ。配電盤(?)だけみると、日本じゃないみたいだ。
階段見上げ@赤羽台.jpg
そこから見上げる階段。
これ以上は・・・と思い、身を引く。
【東京都北区赤羽台】2009.10月撮影

   

20号棟 その3

20号棟の階段。どうよ?
20号棟階段.jpg
現場でももうゾクゾクっときやしたぜ。
これくらいの歳月を重ねると、ペンキのハゲ具合や壁の黒ズミもダテじゃない。脱落防止の金網も監獄じみて感じられるのはビビリ過ぎか。
この階段室はかなりグッとくるので、あと少し続けようかと。
【東京都北区赤羽台】2009.10月撮影

   

20号棟 その2

前回に続いて赤羽台団地20号棟。
11-2-2.jpg
【東京都北区赤羽台】2009.10月撮影
1Fの各戸の入口。シンメトリックになったので。
入口@赤羽台20号棟.jpg
ついでにもういっちょ。テーラーもやってます。

   

20号棟

昭和の建物といえば団地。
なかでも1Fにテナントが並ぶ商店街も往時の活気は薄れ、シャッターばかり目立つようになってしまったが、未だ現役もチラホラ。
北区赤羽の赤羽台団地には、愛すべき喫茶メシが楽しめるお店が現存する。
デウスエクスマキな食卓:喫茶ルイ・シャンティー@赤羽台
手前のB級グルメブログにレポートをUPした記念に、団地の様子をば。
赤羽台団地20号棟.jpg
【東京都北区赤羽台】2009.10月撮影
昭和30年代、最先端団地の象徴であり、東京23区内初のマンモス団地でもあった赤羽台団地も建て替えが進んでいる。
中でも一番古そうなのが、この20号棟。夢の跡的な佇まいが哀愁を誘う。

   
...トップページへ
NEWS!!!
当ブログ書籍誕生!
『路地裏ら~めん漫湯記』
…前身となる連載『ら~めん路漫避行』の東京23区内記事の加筆訂正+書き下ろし記事で構成された、東京裏町ラーメン銭湯攻略本!

Author


    刈部山本-karibe yamamoto-
    自営の珈琲店でスペシャルティ珈琲のドリップやケーキの仕込みに追われる傍ら、路地裏や廃スポットを徘徊してはB級グルメを貪る日々。B食+路上観察を纏めたミニコミ(同人)誌を年2回定期刊行。

    ら~めん路漫避行
    …旧サイト連載:ラーメンを巡る路上観察紀行

    デウスエクスマキな食卓

    …B級グルメブログ

    結構人ミルクホール

    谷根千路地裏の厳選珈琲店


刈部山本の本

    最新:ふろ式・酒場の叙景
    風呂入って一杯ヤれる攻略本

    夏新刊 『背脂番付』
    …ドキッ、アブラまみれの背脂ラーメンガイド!
    Amazonでも取扱中!
    (+105円だけど送料無料)
    弊ブログ・ヤフオク・委託先書店にて取扱中:委託先在庫状況はコチラまで
Powered by Movable Type 5.03
powered by.

  ...トップページへ移動

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち団地・アパートカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは商店建築です。

次のカテゴリは城址・歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。