キッチュ/モンドの最近のブログ記事

前回記事で屋上遊園地ノリという話をさせてもらったが【vol.66:ズーラシアンブラスに屋上遊園の面影を見た】、現実、東京に辛うじて残っていた屋上遊園地の閉園が【3/11上野松坂屋】【3/2東急プラザ蒲田】と相次いだ。
特に蒲田東急は東京最後の観覧車が現存していたため惜しまれたが、同じくナムコが運営している川越のまるひろ屋上には未だ観覧車が現役で稼働している。拙ミニコミ同人誌の限定本『これぞ川越』【詳細ページ】模索舎に在庫僅かに有)で昨夏取り上げていたので、ここで紹介しておきたい。
67map.jpg 川越市街地の目抜き通り、新富町商店街のほぼ真ん中にデンと構えるのがまるひろデパート【公式サイト】。南浦和や入間等にもあり、埼玉県民にはお馴染みの地元デパートだ。
創業は戦後暫く昭和26年と古い。今のデパートと比べると天井が低いし、婦人服売場の感じなんかも「ちびまる子ちゃん」でお出かけに行く清水のデパート的な如何にも地方都市の百貨店といった雰囲気。

屋上へは6階から階段でのアプローチ。ペットショップを抜けるとスコーンと空が抜ける。
01.jpg まるひろの看板をバックに観覧車が回り、外周をモノレールが走る。
02a.jpg これと浮上してグルグル回転する飛行機の乗り物がメインの遊具。
02b.jpg これ以外にきかんしゃトーマスやパンダの乗り物など沢山の電動遊具で溢れている。
03.jpg 全体に昭和丸出しな空間なのだが運営はナムコだからか、新しい版権モノの乗り物とか案内板のデザインが今風だったりと、随所に現代の手が入った形跡が見受けられる。昔の経営のままならとっくに潰れていたろうか、こうして存続してくれてるのだから有難いと思う他ない。

まずなんといっても観覧車。
04.jpg 大人になってから乗ると、チョットでも揺れただけでビックリしたりしてしまう。
05.jpg ゴンドラから見る川越の街を一望する風景は見事の一言。
06.jpg 意外と高く位置まで登るように感じられる。

モノレールはミニジェットコースター式で意外と速度が早い。
07.jpg ボタンを押すと愉快な音楽がなるのだが、中途半端な高さと特にカーブでガタガタ揺れる感じがリアルに怖かったりして中々の緊張感が得られる。
08.jpg

そうそう、デパート屋上にはお決まりの神社もちゃんと祀られていた。
09.jpg 民部稲荷というそうだ。

大の大人がはしゃいでいる横で、近所のOLだろうか、クタビレた感じで煙草を吸いに来ている様を見ると、斜陽感が漂って切なくなるが、実際子供も遊びに来てて、アレ乗りたいコレ乗りたいとめっちゃテンション上がってる姿に、今の子供でも楽しいんだな、とホッとさせられるのだった。
10.jpg なんでも消費が大きくなって、海外の資本や合併合併していかないとやっていけない世の中にあって、一人勝ちの某浦安があたかも正義のようなこの業界。
この切なさをも含めた空気を小さい頃から感じながら、日帰りの下駄履きな遊園にしかない興というものをもっともっと共有されて然るべきじゃないだろうか。
色々難しいとは思うが、ここまるひろだけでも屋上遊園地が長く続いいてくれることを望む。
【了】

   

さて今年も拙ミニコミ同人誌の新刊の季節がやってきた。
遅くなってしまったが、今度の夏のコミケに受かったので、コチラでも告知を。
8/11(日)東 R-53a ガキ帝国 @東京ビッグサイト
新刊はこのクソ暑い中、東京近郊のこってり背脂ラーメンばかりを食べ歩いた、背脂番付がメインで、それと恒例のイベント限定本(川越の廃線跡が出来たらやりたい)と、春新刊コピー誌の再版を予定。

というわけで、夏コミ前に多摩湖レポを再開したいと思っているが、その前に小ネタとして、街角で偶然発見したあるものを紹介しておく。
実は先日、お肉屋さんの前に現存していたムーバー(薬局の前なんかにあった、10円で3分くらい動く子供用の電動乗り物)のことを、自分のB食ブログでUPしたのだが、
【肉のやまとや@上板橋~ヤマト君の気持ち】
実はここからそう離れていない場所にもう1台、現役のムーバーを発見したのだ。

61_map.jpg 場所は東武東上線のときわ台駅と上板橋駅のちょうど中間くらいのバス通り。
61_00.jpg アクアセゾンという銭湯の前に区立水久保公園があるのだが、この通りを挟んだ向かい、常盤台三丁目郵便局に郵便配達の赤バイクを模したムーバーがあるのだ。
61_01.jpg ウルトラマンや新幹線、それこそヤマト君のようなスポーツカーといった時代を彩った子供の憧れの的がモチーフとなるケースがこうしたムーバーには多いと思う。専門ではないので実際の出回り具合を調べたわけではないが、郵便配達のバイクというのは珍しいのではないだろうか。
61_02.jpg しかし子供が憧れる、いわゆる「はたらくクルマ」という意味では正解なのかもしれない。
61_03.jpg 電源が入っているので現役で動作すると思われるが、果たして今の子供がコレに跨るのだろうか。
先日、川越のまるひろデパートの屋上遊園地に赴いたところ、子供は嬉々として遊具に乗り込んでいたから、きっと今でも子供の人気者なのであろう。そうであってほしい。

どうあれ実際、そう稼働率が高いとも思えず、電気代諸々考えたら見合わないと思うのだが、それでも地元の郵便局のシンボルとして設置し続けている、おそらくは局長であろう方の、その心意気に精一杯の拍手を送りたい。
【了】

   

47_00.jpg 首都圏の物流基地として近年倉庫が異様に増えた戸田。荒川沿いには巨大な明治乳業の工場が昔からあったが(戸田橋や埼京線の車窓からからブルガリアヨーグルトの看板がよく見える)、川っぷちの殺伐とした光景の中、川口や戸田公園、そして高島平と成増からも国際興業の無料送迎バスが吸い寄せられるように山田うどん近くを通って集結してくる。
47_01.jpg オッサンを大量に乗せたバスは巨大バスターミナルと化した駐車場へ到着。早速、降車場脇に据え付けられた大きなテレビの下で出走表をチェックしている。
ここから戸田ボートの入口までは戸田公園大橋を渡る。
47_02.jpg センターの巨大な塔ででワイヤーを吊った斜張橋(しゃちょうきょう)で、かつしかハープ橋を思わせるシルエットが実に美しい。特にこの日は晴天に恵まれ、正しく白い巨塔が晴天を一直線に貫いていた。
この競艇場の上に橋が架かっており、ここから見下ろす光景もなかなかにいい。
47_03.jpg 競艇場は荒川の脇に溜池を作ったような形状になっており、感覚としては荒川でボートレースしているように映る。近くには同じような形状で戸田ボートコースがあり、大学のレガッタ(原動機のない船による複数人のボート競技。隅田川で行われる早慶レガッタが有名)が行われている。この辺りでは大学生が練習する姿が日常的に見受けられる。こうした背景には、1940年に未開催となった幻の東京オリンピックがあり、これら戸田漕艇場一帯はそのために整備された。64年に開催された東京オリンピックではボート競技の会場となり、北側の幹線道路がオリンピック通りという名でその痕跡を残している。
47_04.jpg さて建物に入り鉄道の自動改札機のような所に100円ワンコインを投入し入場。するとアチコチで競艇新聞を売るオバちゃんの姿が。その奥にアイスの移動式屋台も見受けられる。ソフトクリームの形状をしたアイスもあるが、モナカが美味しそうだ。そういえば、そこいらのオッサンが歩きながらアイスをペロペロしているのだが、オッサンってなにげにアイス好きだよね。可愛らしいがよく似あってもいる。
47_05.jpg 投票所に至るまでの通路がやけに暗いなと思ったが、真夏の猛暑日、外が異様に明るいのだ。スタンドからみる水面と青空に映える岸辺の景色がまたいい。
47_06.jpg スタンドは4F建てになっており、入口からメインスタンドが3Fで、投票所や飲食店、付帯施設は1~3Fに散らばっており、上の5Fは特別観覧席となっている(4Fは存在しない)。
さて、なにから食べようかと、ひとまず全ての売店を一通り見てからと思うのだが、なにせ横に長い施設で点在する売店を全て回るのに相当骨が折れる。しかも2Fは途中壁に阻まれ2棟分離しているので階段を上がったり下ったりと大変だった。
所々で無料の水を飲みがてら、プラプラしたのだが、途中ドデカいイベントホールでは演歌歌手のオンステージが開催されていた。
47_07.jpg その他、キッズルームは言うに及ばず、戸田市のPRブースがあったりと、見所がたくさんあり飽きなかった。

と、これから食べたもののレポートは、手前の食べ歩きブログにまとめることに。
↓参照されたい。
デウスエクスマキな食卓:戸田競艇@戸田~リニューアルしてもしきれないもの

この様な立派な施設にリニューアルして10年くらいは経つようだ。近代的になってギャンブル場の雑多な雰囲気がなくなり詰まらなくなったという意見もあるようだが、来ているオッサンらはそんなのお構いなしと気に留めてる風もなく舟券を買っているし、反面家族連れも多く、競艇そっちのけでお父さんは家族サービスに勤しんでいる。ここまで懐が深く、のほほんとした鉄火場は初めてで、最初は呆気にとられたが、段々と慣れてきて、これはこれでアリだと思えるようになってきた。
47_08.jpg フードコートの大きな窓ガラスから、対岸の工場街や荒川土手でランニングする人などを眺めていると、ビール片手に彼女と照り焼きチキンを頬張りつつ、のんびり休日を過ごす、なんてデートコースもアリ?なんて思えてくる。入場料は僅かにかかるけど、タダでバスで来れるし、郊外の遊技場としての可能性を感じずにはいられなかった。

   

殺しちゃダメだろwwwww
北斗整骨院@御徒町.jpg
【東京都台東区仲御徒町駅付近】2010.11月撮影

   

時代錯誤

九重自販機の中身.jpg
以前UPした【不二家の廃自販機】の中身。
破壊されて見本の缶はなくなっているが、
中に入っているのは、恐らく通行人がハメ込んでいったであろう、空き缶。
シャレがきいてるねぇ~

   

不二家の廃自販機

九重親方.jpg
【千葉県柏市柏6丁目】
九重親方の連勝記録抜かれたこのタイミングでしょ。
レモンスカッシュの自販機も相当年季入っているが、色褪せた千代の富士もひび割れて、相当気合入っている。
柏のこの界隈は何が飛び出るか分からない!? さすがバーチー。

   
...トップページへ
NEWS!!!
当ブログ書籍誕生!
『路地裏ら~めん漫湯記』
…前身となる連載『ら~めん路漫避行』の東京23区内記事の加筆訂正+書き下ろし記事で構成された、東京裏町ラーメン銭湯攻略本!

Author


    刈部山本-karibe yamamoto-
    自営の珈琲店でスペシャルティ珈琲のドリップやケーキの仕込みに追われる傍ら、路地裏や廃スポットを徘徊してはB級グルメを貪る日々。B食+路上観察を纏めたミニコミ(同人)誌を年2回定期刊行。

    ら~めん路漫避行
    …旧サイト連載:ラーメンを巡る路上観察紀行

    デウスエクスマキな食卓

    …B級グルメブログ

    結構人ミルクホール

    谷根千路地裏の厳選珈琲店


刈部山本の本

    最新:ふろ式・酒場の叙景
    風呂入って一杯ヤれる攻略本

    夏新刊 『背脂番付』
    …ドキッ、アブラまみれの背脂ラーメンガイド!
    Amazonでも取扱中!
    (+105円だけど送料無料)
    弊ブログ・ヤフオク・委託先書店にて取扱中:委託先在庫状況はコチラまで
Powered by Movable Type 5.03
powered by.

  ...トップページへ移動

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちキッチュ/モンドカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお知らせです。

次のカテゴリはトタン物件です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。