祭/イベントの最近のブログ記事

あけましておめでとうございます…って遅いっすね。
更新が滞ってしまい失礼しましたが、昨年は本も出しましたし(右メニューに出てると思います)、今年は更新回数を増やしつつ色々まぼろしチャンネルを展開していきたいですね。
というわけで昨年末に、温泉・サウナで汗を流した後プハーッと一杯引っ掛けられる町をエリア毎に紹介したガイド本を発行した。
●デウスエクスマキな食堂13年冬号『ふろ式・酒場の叙景』¥600+税
よかった↑をチェックしてくだされ~

で、今回は少し趣向を変えて、正月に動物園に行って来た時の話を。

デパート屋上の遊園地もとんと姿を見なくなった。昨年は銀座松坂屋の閉店に伴い閉園。今年は上野松坂屋と蒲田東急の屋上遊園地が消えようとしている。
自分の知るところでは東京近郊に残るは川越のまるひろくらいだろうか。昨今のテーマパークにはない、箱庭的な小宇宙にしか存在しない愛しき哀愁。依然UPした【vol.61 郵便配達の赤バイクムーバー】にも共通するものがあるが、そうした残照を当連載ではスポットを当てていきたい。

といっても今回は平成も平成、現役バリバリで活動を続けるブラスバンドの話。なんでそれが動物園と関係するのかというと、ズーラシアという横浜にある動物園では、動物のぬいぐるみ的被り物をしたメンバーが楽器を演奏するミニコンサートが開かれているのだ。
00.jpg ■ズーラシアHP
■ズーラシアンブラスHP
何でも子供にクラシックに慣れ親しんでもらおうという、身近な情操教育の一環というのだが、どちらかというと屋上遊園地のヒーローショーに寄っている気がしてならない。後楽園の野外ステージのような本格的なものとは違う、衣装は借りてきてもどこかB級テイスト漂う、いうなれば本来のユルキャラ(今日のようなユルキャラビジネスを初めから当て込んだものではなく、仕方なくユルくなっちゃった残念な空気感)にも似た切なさが感じられたのだ。
はじめは動物園内の1イベントだったが、人気が出て全国の公民館など子供の集まるところに出向いてコンサートを開くにまでなった。自分が初めてズーラシアンブラスを知ったのはこうしたホール公演のチラシを区の掲示板で発見した時で、その07.jpg衝撃たるや昨日の事のように覚えている。
ぶっちゃけ、

なんじゃこりゃー!!

である。
ライオンやサルが被り物でトランペットを演奏する様はコント以外のなにものでもない。
見たい!見たすぎるwwwwwwww
というわけで公演を調べてみるも子供向けなので土日やGWといった連休ばかり。自分の仕事では一番忙しい時なので休むこともできず、指をくわえた状態のまま無常にも時が過ぎて行った。
そんなある日、ふと思い立ってズーラシアのHPをみてみると、正月公演があると表記されていた。正月だったらいけるぞというわけで、川崎競馬に行った後に寄る事に決めた(午年とあってナイス動物繋がりだが、そんなヤツ自分以外いないだろうなぁ)。

ズーラシアは横浜といっても港の方ではなく、そこから相鉄線や横浜線や市営地下鉄で山のあなたへと入っていったところにある。最寄は中山駅で、動物園行きのバスが結構な本数出ているので、それに乗る。
道中はいわゆるベッドタウンの、ファミレスなどのロードサイドなチェーン店が並ぶ光景。巨大団地群を迂回して終点に到着。
01.jpg 広い空と山の木々しか見えないようなところに、不釣合いなほど近代的な施設が目に飛び込んでくる。
02.jpg 想像以上に寂れた感じがなく、ロータリー中央の芝生にはシザーハンズのような動物を象って剪定された植木がオシャレにさえ映る。
03.jpg 園内はバスが走るほどだだっ広く、ひとまず動物を見て回るが、まぁ目的のころこロッジまで辿り着かない。普段は屋外で演奏するそうだが、冬季は屋内の休憩スペースとなるようだ。それにしても動物の檻が広く取ってあり、山の一角をそのまま用いたように野手溢れている。小さい動物園の檻独特の暗さというか冷たさというか切ない感じがあまりないのがいい。

そんなこんなで遠回りしてやっと会場へ。
開始30分ほど前で既にステージ前のアリーナ(?)は満席状態。横の長机の席に陣取ったが、開演5分前には立ち見が出ていた。
そしていよいよ、待ちに待ったズーラシアンブラスの登場!
04.jpg これが想像以上にしっかりとしたもので、冷静に考えればコントでしかないところ、その本気の演奏と生楽器の迫力に圧倒され、あっという間に30分が過ぎてしまった。
05.jpg (左奥:ホッキョクグマ 右手前:インドライオン)
もちろん、子供向けの演奏だから、ただ吹いてるばかりじゃなくて、司会進行のお姉さんの合図で子供が大きな声で掛け声をかけたり、リズムを一緒にとったり。。。

06.jpg (左奥:ドゥクラングール 中手前:スマトラトラ 右奥:お姉さん)
また演奏の合間には指揮者のオカピを始め、各メンバーとのショートコントもしっかりと用意され、その練られたプログラムに子供たちは全く飽きることなく終始集中して演奏を聴き入っていた。
演奏の後は一旦ハケてから客席に下りてきて子供たちと写真撮影会。こうなると子供たちが主役、自分の居る場ではないので(そもそも大の大人一人で見に来る場じゃないんだけどね)、会場から去ることに。
恐らく、演奏してるのと撮影に下りてきた中の人は違うと思うが、出口のグッズショップにいた親子の会話によると、ホッキョクグマの背中ビッショビショだったというから、まさか同一人物?? まぁここは不問にしておきましょう。

その帰りのグッズショップにしてもそうだが、中の売店はフレッシュネスバーガーが入っていたりと、ズーラシアンブラスを含めた全てがよく出来ていて、地方の観光地的な侘しい感じとかが一切ない。先に触れたが、どちらかといえば後楽園的なよく作られて完成されたものばかりで、正直、ユルい部分を期待していた節が自分の中にあったのは事実。でも、どんなによく出来てても被り物は被り物。ちょっと冷静になれば面白くて仕方ないのだが、冷静にさせてくれないほどの圧倒的なパフォーマンスだといえよう。

とにかく、これて良かった。ああいう着ぐるみ的被り物って自分の大好きな世界で、自分が被って演奏したくなった。モチロン、そんな腕などないのだけど。
そう考えると、プレイヤーがよくこの仕事引き受けたなと。中の人らが音大出てるのか知らないけど、そういう人ってムダにプライド高いイメージあるから、それが意外だった。今年はなんとオーケストラの公演もあるというから(何十人って皆んな動物の被り物っすよ!)、案外こういうユーモアも変身願望もあるような人が多いのかもしれない。そういう意味でも、ほっこりしてしまった一時だった。

   

基本的に祭りが好きだ。
といってもお神輿担いでワッショイではなく(それも嫌いではないが)、テキヤの屋台がズラリと並ぶ類を指す。
中島みゆきに「まつりばやし」という歌があるが、祭りの輪に入れず(というか意図して入らず)傍観者として愉しんでいるポジションがよく描写されていると思う。

さながら、“運動は苦手でもっぱら見学だが、同級生とやんやするのが嫌いじゃないので、校庭の隅での体育座りをして眺めている”的スタンスとでも言おうか。初めて聴いた時「オマエはオレか!?」と思ったものだ。
曲の舞台は恐らく夏祭りで、テキヤの並ぶ光景は花火大会や盆踊り、七夕祭りを想像されやすいと思うが、自分にとって最も愛すべきテキヤ祭りは年末の酉の市の類なのだ。
吉原の鷲神社や新宿の花園神社で行われる11月の酉の日のものが有名だが、そうした酉の市以外にも多く熊手が売られる市がアチコチに立っている。自営をしている都合上、店に熊手を祀る目的もあるのだが、
【結構人ミルクホール:熊手、昨年もお世話になりました】
折角なら色んな場所の酉の市を見てみたいと、可能な範囲でアチコチに出向いている。
このブログでも過去、毎年12/15に催される川口のおかめ市について少し触れたが、
●川口のおかめ市ついでに 2010年12月25日
手前のB級グルメブログでも何度か紹介させてもらった。

吉原の鷲神社酉の市横浜橋の大鷲神社酉の市
浦和の十二日まち大宮の十日市(とおかまち)蕨の和楽備神社酉の市
川口のおかめ市:04年06年10年

以上はここ10年くらいに赴いた代表的なもので、これ以外にもいくつか足を運んでいるが、昨年12年末は初めて、立食いそば屋に立ち寄ったついでに、
【デウスエクスマキな食卓:牧丘@西台】
板橋区西台の熊手市に詣でてみた。

img51_01.jpg 都営三田線の西台駅から南へ徒歩5分チョット、首都高と交錯する歩道橋の裏手に善長寺がある。
51map.jpg この境内と南側を東西に伸びる細い路地200m程の区間に凡そ百軒の屋台が並ぶ。
img51_02.jpg ここは武蔵野台地の崖線に沿うような線形を辿る道。崖に沿って削った様な線形なので、ただでさえ道幅が狭い所の山側に屋台が並ぶものだから更に道幅が狭まる。そこにきて若干道がウネっているからさぁ大変。夕方ともなると浮き足立った学生やらで寿司詰め状態となる。
img51_03.jpg 年末の冷たい空気の中、身体を縮こませ、ジャンパーのナイロンとナイロンが擦れる音の中、白い息を吐きながら人並みに身を任せてこその祭り。なんともトリップ感のようなものを覚えてならない。

屋台が並ぶ道から善長寺に入ると参道に人の列ができている。
img51_04.jpg 善長寺の参拝客かと思い、脇から善長寺を眺めると、列は更に奥に伸びている。どうやら熊手市の参拝は境内の端にある神社で行うようだ。
ならばと自分も列に加わる。
列が進むと両サイドに熊手が売られている光景が目に飛び込んでくる。
img51_05.jpg 見慣れた屋号も目にするが、初めて見る屋号も多い。この地区の熊手市は初めてだが、エリアによって縄張りがあるのだろうか。
img51_06.jpg 遅々としつつも進みながら熊手を眺めつつ思ったのだが、こんな町の外れの小さな規模の市に溢れんばかりの人がどうして詰めかけるのだろうか。都心の酉の市でも、巣鴨や西新井の納めの大師などは寂しくなるほどの人手だ。しかもこの熊手市は酉の市公式サイトのリンク【東京都内の酉の市】にも掲載されていないにも関わらず、だ。
地形的に少々アクセスが悪いから、逆に地域信仰が根強く残っているのかもしれない(ちなみに近くを通る環状八号線が武蔵野台地を貫いて全線開通に至ったのが2006年とつい最近のこと)。周囲には大きな神社(天祖神社・北野神社など)も多く、初詣に赴いてみたが、その賑わいと立派さに驚かされた。
img51_07.jpg 列はさらに進み、いよいよ神社に近づいたが、本当に小さな祠というくらいのもので、またも驚かされた。
img51_08.jpg 内部は写真に収めなかったが、近所に畑も多いこともあってか、採れた野菜が奉納されている様がなんとも微笑ましかった。

更に増える学生の波に飲まれつつも、時間をかけて喧騒を脱し、家路につくのだった。
屋台としては定番のものばかりでコレという特筆すべきものはなかったが、地元に根付いた本当の意味での祭り・信仰の、下駄履きというべき等身大のあるべき姿に触れられて、なんだか嬉しくなってしまった。
大きな酉の市もいいものだが、小さくても活気に溢れるものも一興であると気付かされた。まだまだ酉の市リンクに載っていない小さな市がアチコチにあるのだろう。これからも巡って行きたい。
【了】

   

川口のおかめ市ついでに

商売をしているので年末になると熊手を求めるのだが、折角なのでアチコチの酉の市の類に出かけるようにしている。

ヨヨヨイ@おかめ市
それでも、毎年12/15に行われる地元川口のおかめ市は小さい頃より慣れ親しんでいることもあって、なるべく毎年足を向けるようにしている。
4bda25546f6599c0e6be-1024[1].jpg
駅前は再開発花盛りだが、それでもテキ屋の屋台を退かすことはできない。コチトラン十年この地でやってるんだ!と言わんばかりにこの日だけは我が物顔で普段見かけない面々が闊歩している。最近ではマンションを買った層が駅周辺に目立つが、おかめ市になると嘉門達夫のヤンキーの兄ちゃんの歌ではないが、若いのから筋金入りのまでワラワラと出陣。
駅前から川口神社まで、迂回するように1kmくらいかな、ずっと屋台が続くのだが、昔からのルートなので、沿道には戦後、もしくは戦前からあるような建物も見受けられる。
おかめ市物件1
かなり立派で石積み調のどっしりとした佇まい。レンガ部分が実に重厚感あるが、和洋折衷の邸宅なので、大正時代のものか。
abf26c9530e3d79d19ad-1024[1].jpg
蔵もあり、その手前に南国趣味的な樹木も植えられているので、益々その時期っぽい。
04eeb679[1].jpg

   
...トップページへ
NEWS!!!
当ブログ書籍誕生!
『路地裏ら~めん漫湯記』
…前身となる連載『ら~めん路漫避行』の東京23区内記事の加筆訂正+書き下ろし記事で構成された、東京裏町ラーメン銭湯攻略本!

Author


    刈部山本-karibe yamamoto-
    自営の珈琲店でスペシャルティ珈琲のドリップやケーキの仕込みに追われる傍ら、路地裏や廃スポットを徘徊してはB級グルメを貪る日々。B食+路上観察を纏めたミニコミ(同人)誌を年2回定期刊行。

    ら~めん路漫避行
    …旧サイト連載:ラーメンを巡る路上観察紀行

    デウスエクスマキな食卓

    …B級グルメブログ

    結構人ミルクホール

    谷根千路地裏の厳選珈琲店


刈部山本の本

    最新:ふろ式・酒場の叙景
    風呂入って一杯ヤれる攻略本

    夏新刊 『背脂番付』
    …ドキッ、アブラまみれの背脂ラーメンガイド!
    Amazonでも取扱中!
    (+105円だけど送料無料)
    弊ブログ・ヤフオク・委託先書店にて取扱中:委託先在庫状況はコチラまで
Powered by Movable Type 5.03
powered by.

  ...トップページへ移動

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち祭/イベントカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは神奈川県です。

次のカテゴリは赤線跡です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。