vol.55 多摩湖もう一つの取水塔・その3

(前回の続き)
vol.53 多摩湖自転車道を行く・その1
vol.54 多摩湖の取水塔・その2
55_map.jpg 桜吹雪越しの赤い鉄橋、鹿島橋下の谷間を抜ける。
この先堤体(上貯水池と下貯水池を分ける上堰堤で通称中堤と呼ばれる)に差し掛かると左手に貯水池管理事務所が見える。
ここから中堤が始まるのだが、親柱のデザインもなかなか迫力のあるものになっている。
55_01.jpg ここは多摩湖を南北に縦断する唯一の道路で車の交通量が異常に多い。その割りに道幅が狭く、そのためか柱に信号がつけられている。
徒歩で渡る幅はなく(いやこれマジ死んじゃう!)、堤の下の広場を行くことになる。

中堤上からは上貯水池が見られないので、貯水池管理事務所越しに眺めると・・・おおっ、なんとかかんとかだが、上池取水塔が確認できた。
55_02.jpg 塔自体は大正12年の完成ながら上の操作室は平成3年に改築されている。
55_03.jpg だから下部は欄干と同様にいい感じに歴史を重ねた風合いを漂わせている。
55_04.jpg 横の丸い取水塔は内側が花崗岩でできているそうで、外側はレンガ覆われてている。

下貯水池側の広場に降りるとしよう。
階段脇になにやら城跡に見られるような四角く囲われた石造りの物体が目を引く。
55_05.jpg これは中堤のたわみを測るためにつくられた基準点で、中堤の両岸に4ヶ所づつあるという。
55_06.jpg 現在の工事で他は窺い知ることが出来なかったが、この南4番基準点には基準点となる印がハッキリとみることができた。

中堤の北端に来ると、中島鋭治博士というオッサンの頌徳碑がデンと立っているのが見える。
(写真がどうしても見つからなかったので、リンク先を参照して下され【前掲サイト:多摩湖のページ|多摩湖の歴史1-5 真ん中辺り】スンマセン^^;)
このオッサンこそが、山口・村山貯水池をつくるための調査設計した人なのだ。明治42年に招聘され、最初は大久野貯水池案(現日の出町)という第1計画があったが頓挫し、第2計画である村山貯水池案が通過、大正元年に工事顧問として具体的に着手することになった。
ここでとられた方法は、近くの丘や高台を切り崩し、その土で堤を作るやり方で「アースフィル式ダム」と呼ばれるそうだ。
当時は当然すべて人力で工事が行われたが、資材運搬には軽便鉄道が用いられた。村山貯水池の上流にあたる多摩川の羽村取水堰からの導水路を掘るためにトロッコ軌道が敷設された。導水道の完成に伴い軌道は撤去されたが、軌道跡は現在も残っているらしい!?
そりゃ当然ソソられるわけで、この築堤北端から狭山湖にかけての間にトロッコ軌道の終着駅があったという。いざ参らん!

・・・とその前に。
廃駅へと向かおうとする前に小高い丘が立ちはだかった。
なにやら古寺の門のようなものが出迎えてくれたが、慶性院山門といって村山上貯水池の工事により芋窪にあった寺である慶性院の山門が移転されたものだという。
門をくぐって丘を登ると、上野大仏をコメディタッチにしたような顔だけの石仏が現れた。
55_07.jpg なんとも間抜けな顔ながら、イキナリ現れるとビビる。
ここはだいだら法師の丘と呼ばれているようで、ならばコヤツはだいだら法師なのだろうが、調べてみると昔話のだいだらぼっちのことらしい。だいだらぼっちとは日本の各地見られる巨人伝説で、地方によってその起源は諸説紛々しているようだ。この巨人が一発で村山貯水池つくってくれたら楽だったろうに。でもこの顔のサイズからするとあまりデカくないね(笑)。

(続く)

« vol.54 多摩湖の取水塔・その2 | Main | vol.56 多摩湖おとぎ列車終着駅跡・その4»

...トップページへ
NEWS!!!
当ブログ書籍誕生!
『路地裏ら~めん漫湯記』
…前身となる連載『ら~めん路漫避行』の東京23区内記事の加筆訂正+書き下ろし記事で構成された、東京裏町ラーメン銭湯攻略本!

Author


    刈部山本-karibe yamamoto-
    自営の珈琲店でスペシャルティ珈琲のドリップやケーキの仕込みに追われる傍ら、路地裏や廃スポットを徘徊してはB級グルメを貪る日々。B食+路上観察を纏めたミニコミ(同人)誌を年2回定期刊行。

    ら~めん路漫避行
    …旧サイト連載:ラーメンを巡る路上観察紀行

    デウスエクスマキな食卓

    …B級グルメブログ

    結構人ミルクホール

    谷根千路地裏の厳選珈琲店


刈部山本の本

    最新:ふろ式・酒場の叙景
    風呂入って一杯ヤれる攻略本

    夏新刊 『背脂番付』
    …ドキッ、アブラまみれの背脂ラーメンガイド!
    Amazonでも取扱中!
    (+105円だけど送料無料)
    弊ブログ・ヤフオク・委託先書店にて取扱中:委託先在庫状況はコチラまで
Powered by Movable Type 5.03
powered by.

  ...トップページへ移動

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログ記事について

このページは、刈部山本が2013年3月13日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「vol.54 多摩湖の取水塔・その2」です。

次のブログ記事は「vol.56 多摩湖おとぎ列車終着駅跡・その4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。